青山・表参道の日本語・韓国語・中国語教室なら

青山国際教育学院ランゲージセンター

〒107-0061 東京都港区北青山3-3-13 共和5番館5F
表参道駅・外苑前駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~20:50
土曜9:00~16:00
定休日
日曜・祝日
(夏休み・年末年始)

お問合せはこちらへどうぞ

03-3403-1901

2019年度検定対策講座を受講して
合格された方々の声を集めました!


語呂合わせは試験の前に何回も唱えました!

A様 20代 女性

Q1:合格された今のお気持ちはいかがですか?

 自己採点で7割ギリギリだったので未だ半分信じられません。
 結果通知を見た時は興奮で手が震えました。

Q2:勉強方法についてお尋ねします。

(1)具体的にどのように勉強されましたか?
 講座を受講し、教材は1つのファイルに入れて本のように目を通しました。
 泉先生のトラ本を時間を計りつつ解きました。
 *トラ本:泉先生が執筆された日本語教育能力検定試験対策問題集。
  黒と黄色のデザインからこのように呼ばれています

(2)特に工夫された点はどんなところですか?
 トラ本で間違えた時、解説だけではなく講座の教材も見直しました。
 講座の中で泉先生が教えてくださったことを(冗談を含め)思い出すことで
 記憶しやすいようにしました。

Q3:検定対策講座を受講された感想をお聞きします。

(1)何が具体的に役に立ちましたか?
 深い知識と経験を交えて話して下さったので前回までとつながる内容だと気付くことが
 できました。また、語呂合わせは試験の直前に何回も唱えました。

(2)検定対策講座に通ったメリットはどんなところですか?
 対策本を買ってもなかなか勉強できませんでした。
 「先生に教えてもらう」「見てもらっている」という環境がなにより重要でした。
 わからない時は質問できる、教科書にはない知識も得られるのでメリットは
 大きいと思います。

(3)受講中のエピソードがあれば教えて下さい。
 受講生の多くが音声問題に苦労していると、泉先生がカリキュラムを変えて
 練習をまめにやって下さいました。ありがとうございました。

Q4:試験についてお尋ねします。

(1)実際の試験内容はいかがですか?
 トラ本や模試で形式には慣れていたので、落ち着いて取り込むことができました。
 泉先生の「読み」が当たっている問題もあったそうですが、私は気付けませんでした。

(2)試験会場や受講生の様子はいかがですか?
 案外受験生の欠席が多かったです。会場はとにかく寒かったです。

Q5:これから受験する方にメッセージをお願いします。

 覚えなければならないことも多いですが、項目を超えて知識が繋がります。
 授業にすると…とイメージしながら考えると楽しくなります。
 根を詰めすぎずに、知識が深まるのを楽しんで下さい。

Q6: 最後に一言お願いします。

 泉先生、約半年間お世話になりました。

2018年度検定試験に合格された方々の声を集めました!

100%講座のテキストを活用しました!

A様(匿名希望)

1.合格した時の気持ち
本当に信じられないです。

2.勉強方法
最初は用語がわからず、テキストを全てノートに書き写すことにしました。        用語集でわからない言葉を調べ、関連する言葉を次々調べ、9月から始めた問題集は解答書を読み答えを確認しました。

3.講座の良かったところ
試験に出るポイントを教えて下さるので、迷いなく勉強できます。            また、試験を受ける心構えやアドバイスもあり、その時は実感なく聞きましたが当日になると「なるほど」と感じることばかりでした。学習だけではなく、様々な情報を得る場としても
大きなメリットがあります。私はとにかく通う事を目標に続けましたが、通う度に知識は増えると知りました。

4.検定対策講座で役立ったところ
次回10問の復習テスト                               10月まで続けると思うと大変ですが、テストのために次回まで…と勉強し、その積み重ねで知識がふえていった気がします。

模擬テスト
試験と同じ形を経験できたので、本番は落ち着いて臨むことができました。特に時間配分を考える参考になりました。
・用語集
初めて知る言葉が多く、これがなくては始まらない状況でした。

5.受講中のエピソード
一日受講の日、他の受講生の方とお弁当を食べながら様々な話ができて楽しいひと時でした。特に試験会場の雰囲気などを打ち解けて聞き、試験に対する思いなども、刺激になりました。

6.今後受験される方へのメッセージ
試験勉強には「ここまでして満足」はありません。一歩一歩続けることだけ。
落ち着いて試験と向き合い、自分のペースで問題を解く、最後まであきらめないこと。

配られたテキストを繰り返し覚えるまで読みました!

B様(匿名希望)

1.合格した時の気持ち
肩の荷が下りた、というか、ほっと一安心とともに大変うれしく感じております。

2.勉強方法
『日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド』を全部読む
泉均先生の講座を受講
泉先生の問題集を3回解く
過去問3年分を解く
泉先生の講座でいただいた冊子を何度も読む

3.講座のよかったところ
他の学生の方と慰め励まし合いながら学習できることです。又、どこがわかっていないか気づくことと、何が大事かをわかりやすく優しく面白く教えていただけだことです。

4.検定対策講座で役立ったところ
泉先生の講座と、冊子を繰り返し覚えるまで読んだことだと思います。また、授業最初の小テストです。自分がどのくらい覚えているのか客観的に把握できました。

5.受講中のエピソード
この秋は娘の学校の役員をしており、イベントも多くて受講をすべては受講できなかったのですが、先生の穏やかな様子でプレッシャーを感じず、自分のペースで進められたことが、非常によかったと思います。

6.今後受講される方へのメッセージ
あきらめなければいつか合格できます。泉先生のお言葉を信じて、焦らず、でも自分なりに納得いくまで勉強なさってください。

泉先生が検定試験を熟知されていることに驚きました!

C様(匿名希望)

1.合格したときの気持ち
大変うれしいです。泉先生が検定試験を熟知されていることに改めて驚きました。
試験Ⅲの記述式の問題は先生が作られた問題集のものとほぼ同じでした。

2.勉強方法
授業で配られたレジュメは隅々まで覚えるようにしました。また、アルクの用語集を2~3回通して読みました。試験Ⅲ対策として『中上級を教える』を数回通して読みました。
通勤時間、昼休みなどの僅かな時間でも検定関連の物を読むようにしました。

3.講座のよかったところ
6月スタートで早目にとりかかれたこと。要点が非常によくまとめられた講義でしたので効率よく、迷いなく勉強することが出来ました。

4.検定対策講座で役立ったところ
全てのレジュメ・問題集・模擬テスト・試験Ⅱ対策、全てです。毎回行われた小テストも脳の活性化につながりました。

5.受講中のエピソード
先生が雰囲気をなごませるために度々ジョークをおっしゃるのですが私達が緊張していてジョークに気付けず先生が解説して下さることが時々ありました。楽しい思い出です。

6.今後受講される方へのメッセージ
途中で休憩することがあったとしても、早く勉強を開始して内容と傾向を把握することが大切だと思います。他社ではなかなか対応してもらえず、どうしたものかと途方に暮れていました。しかし泉先生や青山国際教育学院のスタッフの方が相談に乗ってくださったおかげで、とてもスムーズに問題を解決することができました。

書くべきポイントを端的に教えていただけたのが効きました!

D様(匿名希望)

1.合格した時の気持ち
素直にうれしいです。家庭の事情で、勉強量が絶対的に不足していた私が合格できた(してしまった?)ことに本人が一番、驚いています。先生の的確なご指導のたまものと感謝しております。

2.勉強方法
泉先生のお手製テキストの読み返し、次回授業のミニテストへの準備など対策講座を軸にすすめました。また、市販の対策本(薄いもの)で、試験問題の概要や、文法・音声の学習をしました。

3.講座のよかったところ
自分のモチベーションの変化に影響されることなく、月2回、数時間ずつのペースで学習を少しずつ積み重ねることができた点です。6月という早い時期から歩みを進められたこともメリットでした。

4.対策講座で役立ったっところ
とくに模擬試験が役立ちました。模試を受ける前までは、試験受験でよしとするつもりでしたが、模擬試験の結果を見て、もう少しがんばれば合格点に手が届くかもしれないと思い直せたことが大きかったです。模試後から本番まで、まだ1か月あったので苦手分野を集中的に対策出来ました。とくにエッセイは、ぶっつけ本番、半ばやけくそで模試に臨んだのですが、添削の赤字と振り返りの講評で、書くべきポイントを端的に教えて頂けたのが効きました。おかげさまで本試験では、課題文を見て、アウトラインを自然に思い浮かべることができました。また、代講の先生がなさった文法の授業も、短い時間に要点をギュッと整理し伝えてくれて、とてもわかりやすく、ものすごく助かったことも付記すておきます。

5.受講中のエピソード
諸事であわただしく、授業を欠席せざるを得ない回が2回ほどありました。しかし、台風が2回も続けて上陸したおかげで、授業が2回とも日程変更となり、無事に出席できたことがありました。しかし、台風が2回も続けて上陸したおかげで、授業が2回とも日程変更となり、無事に出席できたことがありました。これも何かの縁と、途切れかけたモチベーションをつなぐことができました。また、授業に来るだけでも気分転換になり、大いに助けられました。

6.今後受講される方へのメッセージ
出題範囲のあまりの広さに、気が遠くなるかと思います。でも、問題をよく見ていくと、じつは、意外にも「知っている」「聞いたことがある」問いも混じっていると思います。知っていることを手掛かりに攻められる分野と、「初めまして」の未知・苦手分野を、学習するなかで少しずつ見極めていって、セミの鳴き声がしなくなった辺りから、苦手分野を重点的に押さえていくといいのはないでしょうか。ただ、文法と音声は、なるべく早い段階から学習を始めておいたほうがいいと思います。とくに音声は、音声記号と口内位置の表を、すき間時間に眺めながら早く覚えてしまったほうが、あとが楽だと思います。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3403-1901

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。