日本語・韓国語・中国語の企業研修なら

青山国際教育学院ランゲージセンター

〒107-0062 東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル3F
表参道駅・外苑前駅から徒歩5分

受付時間
平日9:00~20:00
土曜9:00~16:00
※土曜は現在オンラインのみ受付。
定休日
日曜・祝日
(夏休み・年末年始)

お電話の方はこちらへどうぞ

03-3403-1901

日本語は難しい?

日本語は決して特別な言葉ではありません。

 

日本の文化は特別だから…

日本の文化は特殊だ。納豆や寿司が珍しいように、日本語も世界の中で珍しく難しい言葉だから外国人が簡単に話せるわけがない、日本語は特別なんだと私たちは考えがちです。

確かに日本語は系統的には孤立しているのですが、言語分類的には朝鮮語やトルコ語、モンゴル語などと同じ「膠着語」に分類されます。基本語順は「弟がパンを食べた。」というふうにSOV型ですが、これは実は世界中の言語の約50%を占めています。英語の語順であるSVOの方が約40%と少ないくらいです。ですのでそれほど特別な言葉ではありません。

あえて言えば文字が漢字、カタカナ、ひらがなと3種類ある点が学習者を悩ませていると言えるでしょう。

日本語はまったく初めてなのですが、大丈夫でしょうか。

初めてならば、どきどきするのは当然
です。

はじめて耳にする新しい言葉を話すのは、本当に緊張します。聞いてもわからない。はじめての音。音声。

想像してみましょう。私たち日本人がチェコ語やアラビア語を学ぶ感覚でしょうか。一度聞いたからと言って、すぐに発音できるとは限りませんよね。 

 

ですからレッスンでは、学習者が何度でもチャレンジできるように教師は促します。プライベートレッスンなので、クラスメイトの前で恥ずかしいという感覚も必要ありません。繰り返し何度も練習しましょう。一人では難しくても、教師と一緒なら大丈夫です。

 

ご質問やご不明点がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-3403-1901

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。